本を聴くサブスク『Audible』の無料トライアルをはじめる >>

オニュとテミンの「レイニーブルー」時を超えて輝くパフォーマンス

当ページのリンクには広告が含まれています。
onew-rainyblue
スポンサーリンク

名曲「レイニーブルー」は、2014年にSHINeeのオニュとテミンによって新たな魅力で生まれ変わりました。

そして、このパフォーマンスは、10年が経過した今もなお、忘れがたい名演として語り継がれています。

この記事では、オニュとテミンの「レイニーブルー」時を超えて輝くパフォーマンスについて、レイニーブルーが持つ独特の魅力と、オニュとテミンが作り出した神ステージの背景に迫ります。

この記事でわかること
  • レイニーブルーの魅力
  • オニュとテミンによる特別なパフォーマンス
  • 音楽がもたらすエモーショナルな影響
目次
スポンサーリンク

レイニーブルーの不変の魅力

rainyblue-cover
©️ 2024 antenna pick

楽曲の歴史と背景

徳永英明の「レイニーブルー」は、メロディラインと歌詞の美しさで知られ、多くのアーティストにカバーされてきました。

この楽曲が時代を超えて愛される理由は、雨の情景を通して切なさや哀愁を表現した深い物語があります。

オニュとテミンがこの楽曲を選んだのは、彼らの音楽性に深く響いたからでしょう。

オニュとテミンによる特別な解釈

2014年3月14日・15日の初の東京ドーム2DAYS。当時オニュは24歳、テミンは20歳。

オニュの心温まるボーカルとテミンの繊細なピアノが組み合わさることで、原曲の持つ哀愁がさらに際立ちます。

2人がこの曲を通じて伝えたいメッセージは、悲しみや切なさだけでなく、雨上がりのような希望や新たな始まりを感じさせるものでした。

ステージ演出の見どころ

照明や背景映像を使って雨の情景を演出し、観客を楽曲の世界観へと誘います。

2人が互いに交わす視線や細やかなジェスチャーは、曲の感情をより一層引き立てる要素となっています。

「レイニーブルー」のパフォーマンスを通じて、彼らはアイドルを超えたアーティストとしての側面を見せつけました。

PR:DVD/Blu-ray「SHINee WORLD 2014~I’m Your Boy~ Special Edition in TOKYO DOME」>>

不朽のパフォーマンス

rainyblue-korea
©️ 2024 antenna pick

ボーカルとピアノの調和

オニュのボーカルとテミンのピアノ演奏は、見事に調和していました。

オニュの安定したボーカルコントロールと日本語の完璧な発音により、哀愁を深く引き出す一方で、テミンの繊細なピアノはその感情をさらに際立たせました。

表現力豊かなパフォーマンス

SHINeeのメンバーとして知られる彼らですが、「レイニーブルー」では、激しいダンスではなく、曲の感情を表現する繊細なボディーランゲージが中心となります。

テミンの鍵盤を流れるような手の動きや、オニュの静かなステップは、楽曲の雰囲気を完璧に表現していました。

感動を誘うクライマックス

パフォーマンスのハイライトでは、二人の情感が最高潮に達しました。

オニュの目から涙がこぼれ落ちる瞬間は、彼の深い感情移入を象徴しており、多くの観客に強烈な印象を残しました。

音楽が人々の心に深い感動を与える力を証明するものでした。

私の体験談:YouTubeでの動画視聴

レイニーブルーをYouTube視聴
©️ 2024 antenna pick

YouTubeで見た「レイニーブルー」のパフォーマンスは、まるでライブ会場にいるかのような臨場感が伝わってきました。

動画を通じて、彼らのファンが世界中に広がっていることを知り、音楽好きな私としては、音楽が人と人をつなぐ力を持っていることを改めて感じさせてくれました。

特に印象的だったのは、歌詞の一つ一つに込められた感情表現です。

オニュとテミンのパフォーマンスは、ただ観て聴くだけでなく、心で感じることができるものでした。

また、このレイニーブルーのパフォーマンス動画は、2024年2月現在で569万回もの視聴数を記録しており、彼らのパフォーマンスがいかに多くの人々に響いているかがわかります。

▼残念ながら「レイニーブルー (ONEW with TAEMIN (Piano)」はCD音源はありませんが、以下のライブ映像で見られます。

PR:DVD「SHINee WORLD 2014~I’m Your Boy~ Special Edition in TOKYO DOME」>>

PR:Blu-ray「SHINee WORLD 2014~I’m Your Boy~ Special Edition in TOKYO DOME」>>

オニュのソロコンサートでのエピソード

レイニーブルーのサプライズ

2023年3月、ソウルのオリンピックホールで開催された「ONEW 1st CONCERT “O-NEW-NOTE”」では、オニュは観客からの「レイニーブルー」リクエストにアカペラで応えました。

韓国のコンサートでの日本曲リクエストという珍しいケースで会場を沸かせ、オニュの神対応がファンの記憶に残る一幕となりました。

PR:Blu-ray「ONEW Japan 1st Concert Tour 2022 ~Life goes on~ (通常盤)(PHOTOBOOK付) 」>>

Q&A:よくある質問

レイニーブルーを歌ったのは誰ですか?

日本のアーティスト、徳永英明によって1986年に発表されました。2014年には、SHINeeのオニュが東京ドームでのコンサートで披露しました。

オニュ(オンユ)のレイニーブルーでピアノを演奏するのは誰ですか?

SHINeeのメンバーである、末っ子テミンがピアノを担当しました。

「レイニーブルー」はどのような楽曲ですか?

「レイニーブルー」は、雨の情景を描きながら失われた愛を懐かしむ物語です。時代を超えて多くのアーティストによってカバーされ、幅広い層に愛されています。

オニュとテミンの「レイニーブルー」10年を経ても変わらぬ輝き

onew-taemin-raunyblue
©️ 2024 antenna pick

オニュとテミンの「レイニーブルー」時を超えて輝くパフォーマンス、と題してお届けしてきました。

オニュとテミンによる「レイニーブルー」のパフォーマンスは、初演から10年が経った今でも色褪せない美しさを秘めています。

2人の表現力と音楽性が楽曲本来の魅力を新たな形で引き出し、聞くものの心に深い印象を残し続けています。

この感動的なパフォーマンスを、ぜひあなたもYouTubeで体験してみてください。きっと、新しい音楽の魅力に気づかされるはず!

※記事内のビジュアルアートはAI技術により生成された創作物で、テーマを視覚的に表現しています。

よく読まれている記事はこちら

SHINeeコンサートの軌跡!2023年の感動から2024年への期待

SHINeeのファンダムカラー「パールアクアグリーン」のすべて

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次